「資産運用」と聞くと、なんだか大金を持っていないと運用なんて出来ないイメージがありませんか?もちろん、株式や不動産などは何百万円、何千万円単位の資産が必要になってくるでしょう。けれど、投資信託による資産運用の場合には、1万円からでも投資が可能となっているのです。どうして、そんな少額で投資が始められるのでしょう。それは、投資信託の仕組みにあります。投資信託は、銀行や証券会社等の金融機関を通じて、数多くの投資家から資金を集めています。その為、1人が1万円投資したとしても、その数が多くなれば多くなる程、結果的に大きな金額になるのです。そして、その集めた資金で、国内外の株式や債券、不動産等に投資をして運用し、利益をあげて、再び投資家に利益を分配するのが投資信託です。以前は、証券会社に口座がないと投資信託の商品は購入出来なかったので、ある程度の資産を持っている投資家が投資をしていました。でも、最近では、銀行や郵便局でも投資信託の商品を扱えるようになり、小口の投資家が増えた為、少額から投資信託を行っている方も多いようですね。その際に、もし、金融機関から大きな金額を勧められたとしても、投資信託は1万円から始められる事を知っておくと、自分で投資する金額を決める事が出来るので便利です。投資信託は投資ですので、そこにはリスクが伴います。投資信託による資産運用が初めての場合には、まず、少額からスタートして、どれだけの利益を出す事が出来るのか、様子を見るのもひとつの手ではないでしょうかー